プロフィール

08060202.jpg

| HOME | プロフィール | 深沢まさ子 |

更新日 2014-06-15 | 作成日 2008-06-08

深沢まさ子

ふかさわ まさこ

「福祉の心」が息づくあたたかい市政に

 私は、清瀬にある日本社会事業大学で福祉を学びました。私が福祉を学ぼうと思った原点は、家族にあります。2つ下の妹は、知的障がいを持っています。中学、高校時代は、老人ホームや障がい者施設などでボランティア活動を続け、本格的に福祉を勉強するために上京しました。

 大学卒業後は、学童保育や障がい者施設で働いてきました。その経験から福祉の大切さを痛感しました。いまの政治は、国から市政にいたるまで「お金がない」ことを理由に福祉に関わる予算や政策が削られています。社会的に弱い立場にある人たちに、政治の責任として光りを当てていくことが、いまこそ必要な時はありません。

 私は、福祉の仕事を続けながら青年運動に関わってきました。仕事の悩みや将来の夢を語り合い、派遣やアルバイトなど不安定雇用の深刻な実態を解決するため、若者たちの間に広がる「貧困と格差」の是正の運動にもとりくんできました。

 重税と負担増、そして雇用不安。自民・公明政権の悪政で、市民生活は大変です。「福祉の心」を届けるあたたかい市政を実現するために、若い力でがんばります。





465K5054_02.jpg
【略歴】
山梨県生まれ。日本社会事業大学卒業。社会福祉士。卒業後、学童保育や障がい者施設など福祉の現場で働く。 趣味、カラオケ・演劇鑑賞。
建設常任委員会委員、多摩六都科学館議員を歴任。

【現在】
建設環境常任委員会委員。議会運営委員会委員。多摩北部都市広域行政圏協議会審議会委員。2期目。

inserted by FC2 system